天気の子

新海誠監督の最新作「天気の子」 が2019年7月19日から公開されました。

前作の「君の名は。」は、前情報無しで特に期待もせずに見に行ったのですが、面白くてまた見たくなり、2週連続で映画館に行ってしまったのを今でも思い出します。そのため、新海誠監督の次の作品も是非見たいなーと思っていました。

「君の名は。」から3年、ついに新作が公開されました。お盆期間中に時間が取れたので、妻と一緒にデートで映画館に足を運んできました。

今回は、映画「天気の子」を見てレビューをしてみました。「君の名は。」にとても感動して次回作を期待している状態で映画を見た、という立場である私からの目線での感想をお伝えします。一部ネタバレがありますので、これから映画を見ようと思っている方は、見終わってから以下を見てみてください。

また、小説版「天気の子」 は呼んでいない状態での感想です。よって映画の中で語られていない部分が小説版では書いてあるかと思いますが、そこは考慮しないで語られない部分は想像力を膨らませて書いています。

天気の子の概要

「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。

映画.comより引用

風景の映像が素晴らしくキレイ

ビルの屋上の神社

圧倒的映像美。世界観。

ビル、建物、海、空、雨、公園といった背景の風景がとても細かく描写され、キレイ。「君の名は。」と同じぐらいのクオリティーでした。特に今作は雨の描写が多いので、作るのがとても大変だっただろうなと見ながら思ってしまいました。

ビルから日が差す

世界観がすごく良いなと思いますし、現在の日本がアニメで描かれている感覚を持ちました。

音楽がキレイで映画にマッチ!RADWINPSの歌挿入は前作に比べて控えめ

前作の「君の名は。」同様に、近作もRADWINPSが音楽を担当していました。前作はRADWINPSのミュージックビデオと言われたりもしていたようですが、私は前々そんなこともなく、映画にマッチしていたなと感じました。特にスパークルが流れる場面が良かったです。

前作と同様にRADWINPSの音楽が流れていましたが、前作に比べると控えめな印象でしたね。でもとてもマッチしていたと思います。

流れていたのは次の楽曲のようです。

  • 「愛にできることはまだあるかい」
  • 「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」
  • 「風たちの声 (Movie edit)」
  • 「祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子」
  • 「大丈夫 (Movie edit)」

映像と音楽、この2点は妻もとても良かったと評価していました。映画を見終わった当日に早速買っていたので、私も聞かせてもらっています。

映像と音楽はホントよかったね!
けいぞくま
すごくよかったね!

「君の名は。」の登場人物が出演

「君の名は。」の登場人物である主人公・立花瀧(たちばな たき)と、ヒロインの宮水三葉(みやみず みつは)が登場していましたね。

予期せぬ登場だったため、妻と「おぉ!」と顔を合わせてみていました。

・・・・(!!出てるね!)
けいぞくま
・・・・(!!出てる!)

どちらも大人になったあとの姿で出てきましたので、「天気の子」の舞台は「君の名は。」と繋がっている事が分かり、少しホッコリとした気分になりました。

「君の名は。」の最後に瀧と三葉が出会う事を考慮すると、 「天気の子」の舞台は瀧と三葉が出会った後の設定なんでしょうかね。 二人が出会ってどれぐらい経っているのかは分かりませんでしたが、二人が幸せに暮らしている世界が舞台なのだと勝手に想像しました。出会って数年はおそらく経っているでしょう。そうじゃないと、瀧と三葉が出会ってすぐに東京が雨に沈む事になってしまい、悲しくなってしまいます。

物語上の細かな設定が気になる

物語上では語られない細かな設定の部分については、「どうしてこうなんだろう?」と思いをめぐらせて想像するのは映画の楽しいところです。映画鑑賞中はこの点についてあまり考えないようにしていたのですが、映画を見終わってから思い返してみると、分からない部分というのが結構あったなという感じでした。

私は特に気にしなかった部分でもありますが、妻の意見を聞いてみると、「急な設定でよく分からないという点が多々あった」ということで「君の名は。に比べると設定の練りこみが甘い!新海監督の時間が足りなかったのかな。 」 、という厳しい意見でした。どんなところかを聞いてみると、確かに・・・、という点もありました。例えば次の点です。

なぜ主人公の帆高は家出をして東京へ行ったのか?

家出しなきゃ物語が始まらないのですが、家出をするほどの決定的な理由については映画の中で語られていなかったように思います。光を追っていったら東京だった、だけでは弱いですよね。とはいえ、想像はいくらでもできます。

ヒントとしてあったのは、映画の中で船や漫画喫茶の描写のところで出ていた「ライ麦畑でつかまえて(キャッチャー・イン・ザ・ライ)」という本です。この本自体を私は知らなかったので「何の本だろう?」という程度だったのですが、妻にこの本が出てたよねという事を教えてもらいました。

キャッチャー・イン・ザ・ライの本が出てきてたね!
けいぞくま
??なにそれ?

※あらすじは以下のサイトにを参考に
https://ara-suji.com/novel/739/

ということで、私は「ライ麦畑で掴まえて」という本の中身は読んではいないのですが、「天気の子」とは繋がる部分がいくつかあることが分かりました。

帆高が家出したのはこの本を読んでというのも一因にあるのでしょうね。

また、

  • 島での生活の閉塞感
  • ここにない何かを求める気持ち
  • 一生島での生活をしたくないという思い
  • 変わらない毎日からの開放

といったこともあるのではと思いました。地方に住む人が東京に憧れる気持ち的なものと、大人ではないからこその何もできない無力感。思春期特有のものとでもいいますか、そこから抜け出したいという強い想いが帆高にはきっとあったのだろうと勝手に想像しました。ただ、家出するほどの理由か、というと疑問な点がありますが、それほど強い気持ちで抑えきれなくなったのでしょう。

フェリーの甲板に須賀はなぜいたの?

フェリーの甲板で帆高が波に流されそうになったところをライターの須賀圭介(すが けいすけ)に助けられていましたが、なぜ須賀が雨のなか甲板にいたのかは分かりませんでしたね。雨が急に降って乗客は室内に移動する中、帆高と須賀だけが甲板にいる。

  • 帆高と同じように、須賀も甲板から空を見上げていたのでしょうか?
  • もしくは帆高を見かけた須賀が後をこっそり追いかけていた?
  • それとも須賀は甲板で昼寝をしていて雨で起きたところに帆高が流されてきた?

須賀も物語の重要な位置を占めているのでここが二人の出会いのきっかけとなる場面なので仕方ないですが、須賀が甲板にいた必然性が疑問に残ります。きっと理由は特に無くて、たまたまそこにいたのでしょう。偶然なんてそんなもんです。

また、須賀がフェリーに乗っていたという事は、島に用事があっての帰りと想像できます。ライターの取材で島に行っていたのでしょうかね。

なぜ天野陽菜が晴れ女(人柱)になったの?

病室でたまたま廃ビルの屋上に光が差しているのを見つけて、晴れを祈りながら鳥居をくぐった、というのが陽菜が晴れ女になったきっかけですが、「なぜ陽菜なのか」という部分は映画の中では説明が出てきません。これも偶然が重なってなんだよ、ということで自分としては特に気になりませんでしたが、妻は気になったようで、そういわれると確かに・・・と疑問になりました。

「君の名は。」の場合は、宮水神社の巫女や組み紐などの描写から、なぜ三葉が入れ替わりをすることができたのかを納得できる部分がありましたが、今回はその辺の描写がなかったですね。

ただ少し想像してみると、次のようだったんじゃないかなと思います。

母親が病気で入院(しかもその後亡くなってしまうほどの重いもの)しており、外はまるで自分の心の中と同じようにずっと雨が降り続いている。もしかすると先が短いという事をわかっていたのかもしれません。どうにか助かって欲しい。そんな中、ふと外を見ると一筋の光が降り注いでいる。思い立って行って見るとそこだけ雨が降っていない不思議な空間。小さな神社がある。祈ってみよう。どうかお母さんが助かりますように。晴れますように。

その強い想いが奇跡を呼んだのだろうと思います。

「晴れ女」サービスのサイト開設後すぐに問い合わせなんか来ないよ

サイト開設後すぐに問い合わせがありましたが、

「そんな早く来るなんてあり得ないよ!」

とツッコミを心のなかで入れてしまいました。どうやって投稿者はそのサイトを見つけたのでしょうかね。検索エンジンにはまず引っ掛からないし。「はてな」みたいなサービスでサイトを作ったのでしょうかね。

・・と現実世界じゃないのに色々と勘ぐってしまいました。

あれだけ色々やらかして保護観察処分なのか

帆高は陽菜に合うために色々とやらかしますが、最終的に保護観察処分でした。

あれだけやって保護観察処分はありえないね

犯罪に詳しくないですが、翌々振り返ると確かにそうだなと思いました。

このサイトに、帆高に疑いのある罪の内容がまとめられていましたが、色々とやはりやらかしていましたね。

・銃刀法違反(銃を拾って警察に届けなかった)
・殺人未遂罪(銃を人に向けて撃った)
・公務執行妨害(警察署からの脱走)
・鉄道営業法違反(許諾を受けないで線路内に進入)
・住居不法侵入(廃墟ビルへの侵入)

Gossip Anythingより引用

スポンサーが色々と出ていたのが気になる

私はそうでもありませんでしたが、妻はスポンサーの商品がちょくちょく出てくる点が気になっていたようでした。確かに細かな描写で気になってしまうと映画の内容に集中できなる部分はあると思います。

スポンサー企業のサービスや商品は、こんな物がありましたね。

  • Yahoo!知恵袋
  • チキンラーメン
  • チョコパイ
  • ポテトチップス
  • ビッグマック

チキンラーメンとポテトチップスは合うんですかね?試してみたくなりました。

映画鑑賞時の感動の度合いについて

正直なところ、私の場合は心にぐっと来る感動するような部分は「君の名は。」に比べてあまりありませんでした。次また映画館に見に行きたいほどかというと、行かなくて良いというのが感想です。テレビで再放送されれば見ようかなという程度です。

なぜかといえば、 あまり感情移入ができなかったからです。

帆高と陽菜が惹かれあっているのはわかりましたが、好意を持っているのは主に帆高で、陽菜の方の描写はあまりなかったように思います。帆高の一人歩き感を強く感じてしまって。好意の度合いは

帆高が

陽菜は

ぐらいな印象だったので、お互いに同じぐらい相手を好きにはなってはいないように感じました。

なので、陽菜が消えてその後帆高に再開し、晴れを願わないと決めたときの理由が

「世界がどうなっても帆高と一緒にいたい」

というよりは

「自分が人柱となって犠牲になるのを背負わなくてもいいんだ。帆高が分かってくれる」

な感じなのかなと思ってしまいました。逆に帆高は「陽菜がいなきゃダメだ!なんとか連れ戻す!」という陽菜百パーセントなので、アンバランスが強くて感情移入がそこまでいけませんでした。

ただ、帆高が陽菜に会うために必死になっているところや、陽菜に会えたところは少しグッときました。大切な人は何があっても離しちゃいけないよな!という気持ちが込み上げてきて、私の場合は妻と子供は絶対に離さない!と内容を変換しながら観ていました。

その他に感じたこと

雨で東京が一部沈んじゃった・・

空に行って帆高と陽菜が再開し、陽菜が戻ってきて3年後、東京が一部雨に沈みました。

えぇーーー!!!マジかぁ!!

雨がずっと降り続くとは思っていなかったし、東京が雨で一部沈むとも思っていなかったので、とても想定外でした。世界の形を変えてしまった、ってこういうことだったのね・・・と納得はしたものの、色々と気になってしまいました。

  • 三葉ってジュエリーショップで働いていたよね?職場が無くなっちゃった?
  • 瀧と三葉がせっかく再開しただろう世界が・・・おぉぅ・・・

「君の名は。」の主人公とヒロインの世界でもあるのに・・・と思ってしまいました。この結末となるのであれば、「君の名は。」の登場人物は出さないほうが、つながりが無い世界なのだという事で割り切れ、もっと本作品を楽しめたのになと、後になって感じました。出てきたばっかりに、「君の名は。」ファンとしては主人公とヒロインのこの世界でちゃんと生きているのかが気になってしまいました。(生きている描写はありましたね)

帆高は高校卒業後、上京するまで陽菜に会いに行かない

陽菜が戻ってきたその後、帆高は島に戻り、陽菜は東京で暮らしていたようですが、帆高が高校卒業後上京するまで一度も会っていませんでした。しかもその間、一度も連絡を取っていません。

えぇぇーー!?なんで??お前の想いはその程度か!

会いに行けよ!家出するぐらいバイタリティあるやん!

保護観察処分だったからでしょうか。

それにしたって連絡ぐらいとってもいいだろうと思いました。家出して東京で生活する、警察署から脱走して陽菜を探しに行く、とう行動力があるんだから、陽菜に会いに行くなんてどうってこと無いだろうにと思いましたし、陽菜を連れ戻して満足してしまったの??と疑問が残りました。

まとめ

「君の名は。」 に私はとても感動し、初めて2週連続で映画館に見に行った作品でした。

「天気の子」は 「君の名は。」 に比べると 感情移入がしにくく、感動の度合いが小さかったという印象です。今回の「天気の子」にも大きな期待を持って見に行ったのですが、それが逆に悪かったかもしれません。

新海誠監督の次回作に期待です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事