wordPress-page

ブログ作成に欠かせないCMSツールであるWordPress(ワードプレス)ですが、使う上で欠かせないのがプラグインです。世の中には様々な種類のWordPressプラグインが出ており、しかもそのほとんどが無料で使えます。

プラグインで簡単に機能追加できるという点は、WordPressがこれほどまでに広がる要因の1つになっているのではないかと思います。

ワードプレスのプラグイン新規追加の画面

様々なWordPressプラグインがある反面、どれが自分に必要なのかというのは結構探すのが大変です。プラグイン名で1つ1つググってみたり、おすすめプラグインをまとめたサイトを見たりして色々なプラグインをインストールしてみましたが、入れすぎるとサイトが重くなってしまうので、 アンインストールもしています。

WordPressプラグインを探す際の悩み
  • プラグインの数が多すぎて、自力で探すのが大変
  • どれを入れたらよいのか(どれが自分のサイトに必要なのか)分からない
  • 入れすぎるとサイトが重くなるので気をつける必要がある

色々と入れてみましたが、やっぱりWordPress初心者として思うのは、「結局どれを最低限入れておけばいいの?」という事でした。

そこで今回は、WordPressのおすすめプラグイン【2019年版】として、特にWordPress初心者やサイト運営暦が浅い方向けに、入れておいたほうが便利になるようなものを抜粋してみました。

これから紹介するWordPressプラグインは、どれも私自身が利用しています。ご利用中のテーマによってはプラグインを入れなくても機能として用意されているものもありますので、利用中のテーマの機能としては無いもので、役に立ちそうなプラグインをお試しいただければと思います。

とりあえずSEO的にも入れておいたほうが良いWordPressプラグイン

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、記事作成時に自動的にサイトマップを生成し、しかも、自動的に検索エンジンに更新を通知してくれるWordPressプラグインです。サイトマップはコンテンツを検索エンジンに認識してもらうために必要な物なので、必ず作成しておくようにしましょう。

サイトマップを作成する機能については、Google XML Sitemapsを使わなくても、SEO系のプラグインの中の一部として機能が用意されているものもありますので、SEO系のプラグインを入れている場合はその中にサイトマップの機能があるか(または使っているか)を確認し、無ければ本プラグインを使ってみると良いかと思います。

Google XML Sitemapの詳しい設定方法は以下のサイトに書いてあります。

Google XML Sitemapの設定方法

WebSub/PubSubHubbub

WebSub/PubSubHubbubは、Googleにいち早く記事を書いたことを知らせて、インデックスしてもらいやすくするためのプラグインです。

とりあえずインストールして設定しておく事で、自動的に通知してくれます。ただ、このプラグインを入れたことで必ずすぐにインデックスしてくれるかというと、そうではないようです。

画像の圧縮・最適化向けのWordPressプラグイン

スマホなどで取った写真やきれいな写真の場合、解像度が大きい事でファイル容量も大きくなりがちです。そのままの大きなサイズの写真を使用してしまうとサイトの表示速度に影響するので、画像ファイルの容量はなるべく小さくしたいところです。とはいえWordPressのメディアにアップロードする前にサイズを縮小するのは手間がかかって面倒だし・・・

そんな方向けに画像を最適化して圧縮してくれるプラグインがいくつかあります。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerプラグインは、画像を劣化させる事なく、ファイルサイズを最適化してくれるプラグインです。しかも画像ファイルをワードプレスにアップロードする際に最適化処理が自動的に動いてれるため、使う側としては何かを意識する必要がありません。勝手に最適化(圧縮)してくれる便利なプラグインなので、初心者には特におすすめです。

基本的には画像ファイルを新規アップロードする時に圧縮が行われますが、プラグインを入れる前のアップロード済みの画像に対してもまとめて最適化を行う事ができますので、この点も便利です。「メディア」→「一括最適化」から行う事ができます。

EWWW Image Optimizerプラグインによる一括最適化

意識せずに画像を圧縮できる反面、圧縮率についてはもっと圧縮できそうな感じもありますが、お手軽さで言うとダントツに使いやすいプラグインです。

Imsanity

Imsanityは、巨大な画像がアップロードされることを阻止するプラグインです。私は前述のEWWW Image OptimizerとImsanityを併用しています。

2つはの違いですが、次の通りです。

EWWW Image Optimizer

解像度を変えずに画像を最適化(圧縮)する

Imsanity

指定したサイズよりも大きい解像度の画像がアップロードされた場合に、指定したサイズに自動的にリサイズする(解像度が変わる)

EWWW Image Optimizerの場合、解像度は変わらないため、元の画像サイズが大きい場合は最適化後もあまり圧縮されずにサイズが大きいままというケースがあります。一方でImsanityでは指定した解像度より大きい場合は強制的に解像度を変えるので、サイズが大きい画像に対して特に有効です。

Imsanityを使うケースとしては、スマホの写真をWordPresssにアップロードする、というケースで特に有効です。今やスマホの写真はキレイに撮れる半面、デフォルト設定だと解像度がとても大きくてブログにそのまま載せるにはサイズが大きすぎます。スマホ側で解像度を調整するのも一つの手ですが、それをするとせっかくきれいな写真が撮れるのに少し画質が落ちてしまいます。

そこで、スマホではキレイに写真を取って、ブログでは最適化してサイズを縮小した画像でアップする、という使い方を手軽にしたい場合に、Imsanityが有効です。スマホの画像をメインでブログに使う場合、 Imsanityでかなり画像の容量を減らせますので、Image Optimizerのほうは必要に応じて入れると良いでしょう。

投稿の効率化向けのWordPressプラグイン

Duplicate Post

このDuplicate Postプラグインを使う事で、作成済みの投稿記事をコピー(複製)できるようになります。

WordPress標準の機能に投稿のコピー機能ぐらいありそうに思いますが、無いんですよね。記事のテンプレートを下書きに保存しておいて、登校する際はそのテンプレートをコピーして書き始める、といった事が可能になります。

コピー機能があると無いとでは数段効率に違いが出てきますので、コピーして記事を作るような事が多い場合は入れておくと良いプラグインです。

Duplicate Postプラグインを入れると、投稿一覧の画面で対象の記事にカーソルを合わせた際に、「複製」ボタンが表示されるようになります。

Duplicate Postプラグインを入れた後の投稿一覧の表示

サイトの見やすさを上げるためのWordPressプラグイン

Table of Contents Plus(TOC+)

このTable of Contents Plusプラグインを使う事で、記事内に目次を自動的に生成&挿入することができるようになります。色々なサイトで次のように目次が表示されているのを見たことがあるかと思います。

Table of Contents Plusで生成した目次の例
目次の例

このような目次を、記事内の見出しを元に自動的に生成する事ができるようになります。目次をクリックすると対象の見出しにジャンプをする事も可能ですので、閲覧者にとってはとても便利ですね。

目次の位置は最初の見出しの前に自動的に挿入されます。また、目次を作る際の条件はTable of Contents Plusの設定で変えることが可能ですので、ご自分の用途にあった形で作ると良いでしょう。

目次に対して設定可能な情報
  • 目次の表示位置
  • 表示条件 (見出しがXX個以上ある場合)
  • 目次を表示するコンテンツタイプ(post(投稿)、page(固定ページ)など)
  • 見出しテキスト(タイトルに表示する文字、表示・非表示切り替えのデフォルト値)
  • 階層表示するかどうか
  • 番号を振るかどうか
  • 目次の横幅
  • 回り込み
  • 文字サイズ
  • 表示イメージ
  • 表示する見出しレベル

などなど

注意点としては、記事内に見出しが多い場合、かつ、見出し2と見出し3を表示する場合において、目次だけで十数行分生成されてしまうことがあるという点です。どの階層まで表示するかを使いながら変えてみると良いでしょう。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは、サイト上の人気記事をランキングで表示させる事ができるプラグインです。

色々なサイトで、次のように人気記事がページ内やウィジェットに表示されているのを見たことがあるかと思いますが、多くはこのWordPress Popular Postsプラグインを利用して実現されているようです。

ウィジェットの人気記事表示の例

ダッシュボードでは簡易的にPVを見れますので、Google Analyticsを見に行くのが面倒な時などはざっと概要が見れるのでとてもいいです。

また、人気記事は次のように条件を指定して作成することができますので、柔軟に設定ができると思います。

WordPress Popular Postsで条件設定できる事の一例
  • 最大表示件数
  • ソート順(総閲覧数、1日の平均閲覧数、など)
  • 計測期間(過去30日、など)
  • 投稿タイプ(postなど)
  • 除外する投稿ID
  • 表示するタクソノミー(カテゴリー、タグ)

などなど

人気記事は閲覧者にとっても「見てみようかな」となる部分でもありますので、入れておくとサイト内の回遊率アップにも繋がると思われます。

セキュリティ・バックアップ強化用のWordPressプラグイン

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、運営中のWordPressのセキュリティを強化するためのプラグインです。セキュリティに関する様々な設定をこのプラグイン1つで行う事ができます。 セキュリティ系のプラグインは色々と出ていますが、その中でもSiteGuard WP Pluginは簡単・高機能・無料・分かりやすい、と4拍子揃っている私として一押しのおすすめプラグインです。

SiteGuard WP Pluginで用意されている機能は次の通りで、大きく12の機能があります。

管理ページアクセス制限ログインしていない接続元から管理ディレクトリ(/wp-admin/)を守ります。
ログインページ変更ログインページ名を変更します。
画像認証ログインページ、コメント投稿に画像認証を追加します。
ログイン詳細エラーメッセージの無効化ログインエラー時の詳細なエラーメッセージに変えて、単一のメッセージを返します。
ログインロックログイン失敗を繰り返す接続元を一定期間ロックします。
ログインアラートログインがあったことを、メールで通知します。
フェールワンス正しい入力を行っても、ログインを一回失敗します。
XMLRPC防御XMLRPCの悪用を防ぎます。
更新通知WordPress、プラグイン、テーマの更新が必要になった場合に、管理者にメールで通知します。
WAFチューニングサポートWAF (SiteGuard Lite)の除外ルールを作成します。
詳細設定IPアドレスの取得方法を設定します。
ログイン履歴ログインの履歴が参照できます。

この中で最低限、次の機能は使用したほうが良いでしょう。

画像認証

ログインページ、コメントページ、パスワード確認ページ、ユーザー登録ページ毎に、画像認証を追加する機能です。ブルートフォース攻撃やリスト攻撃等の不正にログインを試みる攻撃や、コメントスパムを受けにくくすることができます。

コメント欄に追加された画像認証の例
コメント欄に追加された画像認証の例

画像認証の文字は、ひらがな・英数字・無効の3種類から選ぶ事ができます。海外からの不正攻撃を考慮すると、ひらがなを選んでおくのが良いかと思います。

ログイン詳細エラーメッセージの無効化

この機能を有効化することで、ログインエラー時に表示されるメッセージが全て同じ内容になります。この機能が無効な場合、間違っている箇所がメッセージとして表示されて分かりやすいのですが、その反面、その箇所が間違っていると分かってしまうため、例えばパスワードを変えて攻撃されるという可能性が出てきます。

同じメッセージなることでユーザー名、パスワード、画像認証のどれが間違っているのか分からなくなりますので、不正攻撃者にとっては情報が取れなくなり、セキュリティが高まります。

ログインロック

この機能を有効化することで、指定期間内に指定回数ログインエラーが出たら、指定時間だけログインをロックできるようにする設定です。特に、機械的な攻撃から防御するのに有効です。

XMLRPC防御

ピンバック機能、またはXMLRPC全体( xmlrpc.php )を無効化する設定です。

UpdraftPlus - Backup/Restore

UpdraftPlus - Backup/Restoreを利用する事で、WordPressのデータベースとファイルを定期的にバックアップ&復元できるようになります。

WordPressは簡単に構築できますが、バックアップはデフォルトではありません。WordPress初心者はとりあえず記事を書くことに集中するため、バックアップの事はほとんど考えません。ふとした時に突然データが消えてしまったりしたら、今までの努力が一瞬で無駄になってしまいますので、そんな時のために予防策としてバックアップは必ずとるようにしたいところです。

設定としては

  • どのようなタイミングでバックアップを取るか(毎日、週、月など)
  • バックアップの保持数(1~)
  • バックアップの保存先をどこにするか(DropBox、Microsoft Azure、Google Drive、Microsoft OneDrive、FTP など)

の大きく3つなので、とても簡単に行う事ができます。

バックアップからの復元も設定画面からボタン操作で行う事ができますので、こちらも便利です。

問い合わせフォームを作るWordPressプラグイン

Contact Form 7

Contact Form 7は、問い合わせフォームを簡単に作れるプラグインです。問い合わせフォーム用のプラグインは色々と出ていますが、Contact Form 7は応用例も多く紹介されているので、一番スタンダードな感じです。個人でブログを作成している場合は必須ではありませんが、何か問い合わせを受け付けたい場合はこのプラグインを使う事でフォームを作る事ができます。

問い合わせフォームは複数個作る事ができますので、用途によって複数作ると良いでしょう。また、フォームの見た目をオシャレにしたりしたい場合はCSSで調整が必要となりますが、Contact Form 7の見た目変更については色々なサイトで紹介されているので、ググッてみると好みのものが見つかるでしょう。

Contact Form 7の見た目を変更する例(Google検索結果)

まとめ

WordPress初心者向けのおすすめプラグインをご紹介しました。

ご自身で使えそうだなと思ったものは是非お試しください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事