google検索

Gmailで過去メールを検索したり、検索時の条件を元にフィルタを作成したりと、メール検索条件設定画面は割と使うものではないかと思います。

Gmailの条件指定画面

しかし、たまーに、

複数キーワードを条件にしたい場合ってどうやるの?

複雑な条件を指定して一度にまとめて絞り込みたい!

といったケースが発生したとき、パッとやり方が思い浮かばないことが多々あります。

そのため、検索キーワードを1つ1つ入れて検索するのですが、何度もキーワードを変えて検索するのは正直めんどくさいですよね。

そこで今回は、Gmailの検索時に使える検索演算子を元に、

「こんな条件で検索したい場合はこれだ!」

という方法をご紹介します。

一度覚えてしまえば自由に使えるようになると思いますので、Gmailを今後も使っていくと考えている方は今頭を使って覚えてみましょう!今覚えれば、後がとても楽になりますよ!

Gmail検索条件指定画面のちょっとわかりづらいところ

個人的に思うところで、Gmailの検索条件指定画面でパッと見てよくわからない部分があります。

それは、「含む」「含まない」の項目と、複数項目に条件を入れた場合の検索の動きの2つです。

Gmail検索条件指定画面内で含む・含まないの使い方は?

パッと見てよくわからないポイント1

「From」や「To」や「件名」に、例えば "あいうえお" という文字を入れて検索をすると、"あいうえお" という文字がFrom・To・件名に含まれるメールがヒットするんだろうなというはわかります。

「含む」に "あいうえお" と入れた場合、

  1. メール本文が検索対象になるの?
  2. From・To・件名など、ほかの項目も含めてどれかに "あいうえお" が含まれているメールが検索対象になるの?

パッと見てよくわからないポイント2

例えば「From」項目と「件名」項目にそれぞれキーワードを入れて検索した場合、

  1. 各項目の両方に一致するメールが検索対象になるの?(AND条件?)
  2. どちらかの項目に一致するメールが検索対象になるの?(OR条件?)

そのため、Gmailの条件設定例をご紹介する間に、まずはこの2つの点について検索時にどう動いているのかを押さえておこうと思います。

検索項目:「含む」「含まない」の動き

実際にGmail上部に表示される検索窓に「あいうえお」と入力した場合どうなるかというと、メール情報の中に「あいうえお」が含まれるメールが検索結果として一覧表示されます。普段はこの方法で検索する方が多いと思います。

Gmailの検索窓

では、検索窓に「あいうえお」と入れて検索した場合、検索条件指定画面ではどうなっているかというと、次のように「含む」部分に「あいうえお」が入っていることがわかります。

よって、検索項目:「含む 」は、メール内の情報(To、From、件名、本文、添付ファイル名 など)に対して検索をかけることができる便利フィールドだということがわかりました。

Gmail検索時のポイント
  1. 「含む」にキーワードを入れて検索することで、メール情報全体を条件に検索される。
  2. 件名やToなど、特定のメール情報にキーワードが含まれるものを検索したい(検索対象項目を絞り込みたい)場合は、「含む」以外の部分にキーワードを入て検索する。

「含まない」の動きは、「含む」の逆です。特定のキーワードが入っていないメールを検索したい場合に「含まない」にキーワードを入れて検索をします。ただ、「含まない」単独ではそれほど使う機会が無いかもしれませんね。

複数の検索条件項目にキーワードを入れて検索した場合の動き

これはどういう事かというと、例えばFROMに「test@aaa.com」を、件名に「お知らせ」を入れて検索した際に、

  • test@aaa.comからのメールで、且つ、件名に「お知らせ」の文字が含まれるメール
  • test@aaa.comからのメール、または、件名に「お知らせ」の文字が含まれるメール

のどちらの動きとなるのか、ということです。

実際に行った結果、且つ(AND)条件で検索される、ということがわかりました。

複数の検索条件項目にキーワードを入れて検索した場合の動き

AND条件で検索される

Gmailの検索条件指定部分についてあいまいだった点まとめると、次の通りとなります。

Gmailの含む・含まない条件指定時
Gmailの複数条件指定時

ケース別Gmail検索条件指定サンプル

指定したキーワードのどれかに当てはまるメールを検索したい場合(または検索)

このケースは、「〇〇〇 または △△△」といった条件で検索したいようなケースです。

OR条件のイメージ

このような条件を指定して検索したいような場面は結構あるのではないかと思います。

想定例
  • 特定の人から届いたメールで絞り込みたい
  • 特定のドメインから届いたメールで絞り込みたい
  • 件名に特定キーワードが含まれるメールで絞り込みたい

「または」という条件をGmailで実現する場合、OR演算子を使用します。

例えば、"あいうえお"または"かきくけこ" が含まれるメールを検索したいような場合、

あいうえお OR かきくけこ

というような形で条件欄に入力します。

Gmailをまたはで検索する場合はORを使用する

OR演算子を利用する際の注意点は次の通りです。

注意

ORは半角大文字で入力すること

よくやってしまいがちな間違いとして、「or」 と小文字で指定してしまってヒットしないということがあります。「大文字半角でOR」ということを覚えておきましょう。また、ORを全角大文字で指定してもヒットしません。

メールはあるはずなのにORを用いて検索しても該当メールが見つからないような場合、大文字になっているか&半角文字になっているか、を確認してみましょう。

複数の条件の全てに一致するメールを検索する場合(且つ検索)

このケースは、「〇〇〇 且つ △△△」といった条件で検索したいようなケースで、両方の条件に一致するメールを検索したいようなケースが該当します。

AND条件のイメージ

「且つ」という条件を実現する場合、AND演算子を使用します。

「〇〇〇 且つ △△△」という条件を指定したい場合

〇〇〇 AND △△△

のように指定します。AND演算子も半角大文字で指定する必要がありますので、利用時は小文字になっていないか、全角になっていないか、というのを確認しましょう。

例えば、件名に"アイテム"と"購入"の両方が含まれるメールを検索したい場合、Gmailの検索窓には次のように設定します。

件名をAND条件で検索する際の設定例

ANDとORの組み合わせで柔軟な条件指定を実現したい場合

条件指定してメールを検索するような場合、先述のANDとORを組み合わせることで複雑な条件を実現することが可能です。実際のメール検索時は、複数の情報を組み合わせることが多いので、例えば次のような絞り込みを行うことができます。

少し複雑な条件指定の例
  • 〇〇と△△ドメインからきているメールで、且つ、件名に□□が含まれるメールを検索したい
  • 〇〇というメールアドレスから届いているメールだけど、△△というワードが含まれるメールは除外したい
  • Toが自分ではない添付ファイルを含むメール

ドメインとタイトルでメールを絞り込む例で解説していきます。

絞り込みたい内容

送信元のドメインが aaa.com または bbb.com または ccc.net

且つ

件名が 見積書 または 請求書

先述のORを使えばよいので、次のように条件を指定すればOKです。

ココでのポイントは、Fromと件名の欄にそれぞれ条件を指定しているという点です。こうすることで、

「Fromの条件」 AND 「件名の条件」

という形で検索されるようになり、行いたい検索が実現可能となります。

まとめ

Gmailで目的のメールを検索する際の条件指定例をサンプルを交えてご紹介しました。

特にOR条件の指定方法は覚えておけば、今後の過去メール検索がはかどりますよ!また、うまく使うことでメールの振り分け時のフィルタ条件の数も減らすことができるので、管理が楽になります!

さらには、迷惑メールを自動的に削除するようにしたいような場合も、ドメインを条件にORでフィルタ条件を作っておけばよいので、必要なメールが埋もれることを防ぐこともできますね!

新型コロナ対策に

マスク

マスク用取り換えシート

手洗い用ハンドソープ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事