PDF内の指定したページを別PDFファイルで保存する方法|特定ページの抜き出しが可能!

PDFファイルは仕事をするうえでよく使うファイル形式だと思います。

自分でPDFファイルを作る場合もあれば、取引先やお客様から資料としてPDF形式のファイルを貰ったり、もしくはWebで公開されている資料がPDFファイルだったりします。

PDFファイルは基本的には編集できないため閲覧専用になるかと思いますが、PDFファイル内に使えそうな資料があった場合、

「抜粋としてこのページだけほしい」

「このページとこのページだけで抜きとって別のPDFファイルにしたい」

ということがたまに発生します。

「でも、PDFファイルを編集するソフトが入ってないから特定のページだけは抜き出せないや・・・」

と思っていたらちょっと待ってください。

PDFファイルは特定のページのみ指定して別ファイルとして保存することが可能です。

そこで今回は、PDFファイル内の特定のページを抜き出して別のPDFファイルを作成する方法をご紹介します。

この方法を使用することで、簡単に必要なページのみのPDFファイルを作ることが可能になりますので、是非方法をマスターしましょう。PDFの何か良い資料を見つけたけれど、共有するには全てじゃなくて抜粋したページのみにしたい、と言ったときに役に立ちますので、意外に使いどころはありますよ!

Adobe Readerのインストール

特定のページのみ別PDFファイルにするにあたってAdobe Readerが必要なので、PCに入っていない場合はインストールをまずはしてみてください。

Adobe ReaderはGoogleで「Adobe Reader ダウンロード」等でググればインストールページが出てきます。

ググるのがめんどくさい場合はこちらからダウンロード可能です。次のような画面が表示されます。

Adobe Readerのダウンロードページ

この中で、次に囲った部分はオプションなので不要な場合はチェックを外しましょう。チェックボックス部分をオフにしたら、「Adobe Readerをダウンロード」のボタンをクリックして進みます。

Adobe Readerのオプションで外してよい項目 

あとはインストーラがダウンロードされます。起動するとAdobe Readerのウィザードが表示されますので、画面に従って進めばインストール完了です。

PDFファイルを開いて別ファイルにしたいページの番号を確認する

PDFファイルが数十ページにまたがるような場合、抜粋として特定のページのみにしたいケースがあるかと思います。

ここでは、経済産業省が公開している「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」というPDFファイルを例に操作をしてみたいと思います。

PDFファイルは経済産業省のページの中ほどから閲覧・ダウンロードが可能です。

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へのページ

リンクをクリックするとChromeの場合はブラウザで表示されますので、ファイルをダウンロードします。ダウンロードは画面の右上のボタンから可能です。

ダウンロード後にPDFファイルを開きます。

例として、この中の資金繰りに関するページのみ別のPDFにしようと思いますので、資金繰りのページ番号を確認します。ここでは、PDFのP7~26が該当します。

注意

通常、PDFの資料は1ページ目はタイトルのため見出となっています。そのため、資料の右下に表示されているページ番号とPDFのページ数が異なります。

ここでは、PDFのページ数を確認します。(以下はPDFの7ページ目です)

資金繰りのページ番号について

PDFファイルをページ指定で印刷する

次に、PDFファイルを別ファイルとして保存します。

この時に使うのが

印刷

です。「名前を付けて保存」ではないので注意しましょう。

印刷をすると次のような印刷の確認ダイアログが表示されると思います。

PDFの印刷画面

この中の「プリンター」の部分で、Adobe PDF を指定します。

プリンターにAdobe PDFを指定

プリンターにAdobe PDFが指定できるんです。こうすることで、印刷ボタンをクリックした際にPDFファイルが作成されるようになります。

次に、ページを指定します。ページ指定の部分に、欲しいページの範囲を指定します。ここでは例としてP.7~P.26を指定します。

ページ指定

最後に印刷ボタンをクリックします。PDFファイルの保存ダイアログが表示されますので、保存先のフォルダをファイル名を入力して「保存」ボタンをクリックします。

PDFファイルの保存ダイアログ

印刷中のダイアログが表示されますので、PDFファイルの出力完了までしばらく待ちます。

PDFファイルの印刷中の進行状況ダイアログ

完了すると出力したファイルが開かれます。

指定したページを別ファイルとして保存した例

印刷時に指定したページのみでPDFファイルが作成されていることが確認できます。

まとめ

今回は、PDFファイルの中から自分が欲しいページのみを別PDFファイルとして作成する方法をご紹介しました。

ポイントは「印刷」の機能を利用することです。

印刷=紙に出力、というわけではありませんので、PDFファイルを作りたい場合はこの方法を試してみてください。

ちなみにこの方法を使うことで、PDF→PDF以外にも

  • Word→PDF
  • Excel→PDF
  • PowerPoint→PDF
  • txt→PDF

といったことももちろん可能ですよ!

新型コロナ対策に

マスク

マスク用取り換えシート

手洗い用ハンドソープ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事