Wordの表で縦位置を上下中央揃えにする方法

ワードの文章内に表を作成した際に、表内の文字のレイアウトについて、縦位置(上下位置)を中央揃えにしたいということがあります。

縦位置の中央揃えとはこのようなものです。

ワードの表の文字の上下中央揃え

枠の中に表示されている文字が、上下にスペースが入った状態で中央に表示されているかと思います。

「ああー、この設定ならツールバーから簡単に設定できるよ」と思われるかもしれませんが、エクセルやパワーポイントに慣れていてワードをあまり使わない方の場合、通常の感覚でやろうとすると、

「あれ?ワードで上下中央揃えってどうやるんだっけ??」

と必ずなります。

そこで今回は、ワードにおける表内の文字の縦位置(上下)を中央揃えにする方法をご紹介します。

ワードをあまり使わない人は、ポイントを押さえておきましょう。

エクセル・パワーポイントの場合の上下中央揃え方法

比較のために、まずエクセル、パワーポイントの場合の設定方法についてご紹介します。

パワーポイントの場合、リボンのホームタブから行えます。

表のセルを選択した状態で、リボンから「ホーム」→「文字の配置」→「上下中央」を選択します。

パワーポイントの上下中央揃え

これで簡単に上下中央揃えになります。パワポの場合、デフォルトは上揃えとなっているので、タイトル部分などで上下中央揃えを使うケースが多いかもしれません。

パワーポイントの上下中央揃え

エクセルの場合も、リボンのホームタブから行えます。

表のセルを選択した状態で、リボンから「ホーム」→「文字の配置」→「上下中央」を選択します。

エクセルの上下中央揃え

これで上下中央揃えになります。エクセルの場合、デフォルトは下揃えとなっているので、セル内で折り返し表示が入るような場合に上下中央揃えを使うケースが多いかもしれません。

ワードの上下中央揃え

いづれもホームタブに上下中央揃え用のボタンがあるので、すぐに設定変更が可能です。

ワードの場合の上下中央揃え方法

エクセルやパワーポイントと同じようにワードでも「ホーム」タブかなと思って行おうとしても、ワードの場合はホームタブにボタンはありません。

ワードのホームタブのレイアウト調整ボタン

上記のように、ホームタブにレイアウト調整用のボタンはありますが、左右中央のレイアウトのみで、上下のレイアウト調整用のボタンがありません。ここが、ワードの場合に少し迷ってしまうポイントとなっています。

では、どこに設定用のボタンがあるのか?

ワードで上下中央揃えにする場合、「レイアウト」タブに上下中央揃え用のボタンがあります。

この「レイアウト」タブは少し特殊で、リボンにいつも表示されているわけではなく、表を範囲選択またはクリックしてカーソルが表においてある状態にすることで「レイアウト」タブが表示されます。

よって、「レイアウトタブが無い!」となった場合、まずカーソルを表に合わせます。

表内の対象のセルにカーソルがある(またはセルを範囲選択している)状態にすると「レイアウト」タブが表示されますので、その中の「配置」部分にあるボタンをクリックします。

ワードの上下中央揃え

「レイアウト」→「配置」部分には上下中央揃え以外に8つの配置設定用のボタンがありますので、ここからまとめて操作をすることができます。

ワードの上下中央揃え

ワードは文書作成がメインのツールのため、表というのはオプションという扱いとなります。

そのため、リボンの「ホーム」タブに上下中央揃え用のボタンが表示されていないと想定されます。もし表示されていると、逆に利用者が「この上下中央揃えってどういうこと?」混乱してしまうためかもしれませんね。

まとめ

ワードの表におけるセル内の文字の上下中央揃え方法についてご紹介しました。

ポイントはリボンの「レイアウト」タブを使用するということです。

これを覚えておかないと、ホームタブを左から順に探していった場合、「レイアウト」タブは一番右側に表示されているため、探すだけで無駄な時間がかかってしまいます。

ワードに不慣れな方は是非覚えておきましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事